ハイヤードライバーは年収がいい?

ハイヤードライバーは年収がいい?

タクシー業界でハイヤードライバーとして働くなら、就職先の年収を確かめるのが基本となります。もちろん会社によって大きく変わってくるので、極力条件の良いところを選び、やる気を出して働くきっかけを作りましょう。

条件の良いところを探すためにも

もしタクシー業界に興味があるなら、ハイヤードライバーとして働ける会社を探して、転職してみましょう。もちろん、会社ごとに大きく年収が違ってきます。条件の良い職場を探す工夫が必要となるので、そこは覚えておきたいところです。求人情報を比較するのが基本となるという事は覚えておきましょう。インターネット上の求人情報サイトに目を向けて、タクシー会社から出ている情報を比較することが大切です。全国規模で見ても良いですし、東京都内で活躍したいと言うのであれば、東京都内にターゲットを絞って調べるのも悪くない判断だといえます。ただ、東京のドライバーは、かなりハイレベルな実力が求められるので、気をつけておきたいところです。その分、年収は高めのところが多いでしょう。

地理試験をクリアしておくことも大事

もし東京の年収が高いタクシー会社で働くと言うのであれば、地理試験はクリアしておくべきだといえます。合格率が50%前後と言うことでなかなかに厳しいですが、この知識を求めてくる会社は多いので、取得しておくに越したことはないでしょう。面接の時に採用確率を高めることもできるため、とっておけば強力な武器になります。また、基本的にハイヤードライバーは、基本の給料に加えて、歩合が変わることが多いです。売り上げの何%かが基本の給料に変わってくるので、やればやるだけお金が入るでしょう。それを考えるとなおのこと、地理をしっかりと理解し、効率よく集客をすることにはとても大きな意味があります。

平均的な年収を知っておけば目安になる

年収を理解しておけば目安になるため、ハイヤードライバーとしての年収を、あらかじめ自分で確かめておくことが大事です。300万円未満程度が基準となるので、覚えておくと良いでしょう。決して高い金額とは言えませんが、ここに特別手当や歩合制でプラスされる分の金額等が加わると、大きなお金に変わる可能性もあります。しっかりとこちらの努力を認めてくれるような、ハイレベルな会社を選ぶと、ドライバーと言う立場でもやる気を出して働くことが可能です。また、会社そのものに将来性があるかどうかも確認しておきましょう。長い間そこで働き続けたいと感じているなら、絶対に調べておかなければならないポイントになります。

まとめ

会社ごとに違う年収の条件をチェックし、それからハイヤードライバーとして、チャレンジするのが基本です。地理試験をクリアし歩合制のところで働くように意識すれば、平均以上の収入を得ることも、可能になります。

比較ページへのリンク画像