タクシー運転手の給料体系について

タクシー運転手の給料体系について

タクシー運転手として改めて働きたいと言う人は、転職する前に会社の給料体系を理解することが大事だといえます。もちろん給料体系は会社によって大きく変わってくるので、しっかりと調べてから入るようにしましょう。

求人情報の中身をチェックすること

タクシー運転手として働く場合、転職をする前に求人情報の中身をチェックしておくことが大事だといえます。最低でも給料体系だけは確認しておくべきなので、怠らずに調べておきましょう。例えば、基本給だけを支払うようなところなのか、もしくはそこに加えて歩合がプラスになるのかといった具合に、見ておかなければならないところたくさんあります。タクシー運転手の良いところは、頑張れば頑張った分だけ、売り上げから給料に加算されると言うところです。その歩合制の制度がしっかりと設けられている会社かどうかと言うのを、先に確認しておきましょう。もちろん、固定給のみのところを選んでも良いですが、その場合は、その分多くの金額を受け取れるかどうか、確認しておきたいところです。

アルバイト等のスタートになることもある

タクシー運転手は、正社員として働くだけにとどまらず、アルバイトとして働くケースもあるということを覚えておきたいところです。アルバイトなら時給で給料が支払われる可能性もあるということを強く理解し、先に必ず条件をチェックしておきましょう。時給で支払われるよりは、固定給で給料を支払ってもらったほうが、生活が安定します。なので、バイトとして長く働き続けることにより、最終的に正社員として招き入れてもらえるのかどうか、最初にチェックしておきたいところです。正社員になったら、平均年収に達することができるかどうかも調べさせてもらいましょう。タクシードライバーの平均年収はおよそ300万円未満といったところです。

やはり突破しておいた方が無難な地理試験

特に東京都内のハイレベルなタクシードライバーなどに求められやすいのが、地理試験の合格です。必須と言うわけではありませんが、地理試験は突破しておけば就職に有利であると言うことに変わりはないので、できれば勉強しておくことをお勧めします。例えばバイトなどの立場で入り、研修期間のうちに試験を受けさせる会社もあるので、これなら働きながら勉強することが可能です。しっかりとこちらの面倒を見てくれて、成長を促すようなシステムが備わっているような会社なら、ぜひとも前向きに検討しましょう。結局のところ、お客様への接客応対力や運転技術、そして地理に対しての知識など、総合的なものが求められる職業です。

まとめ

タクシー運転手は覚えることや身に付けるべきことが多く、非常にやりがいのある職業です。料金体系によっては順調なスキルアップ、キャリアアップも可能なので、慎重に会社を選んで、後悔のない転職活動を心がけましょう。

比較ページへのリンク画像