タクシー運転手は老後も働ける?

タクシー運転手は老後も働ける?

定年退職後の老後はゆとりをもって過ごせることが大事ですが、老後の収入は年金のみという人も多く、仕事をしていたときよりも収入は減少することもあり、老後の生活に不安を感じる人も少なくありません。そこで、定年後も仕事を続ける人が多いですがタクシー運転手は特に人気の高い仕事です。

老後にも高収入を期待するならドライバーに注目

定年退職後の生活はゆとりを持って過ごせることが理想ですが、働いていた時よりもかなり収入が減少しますし、年金だけでは不安を感じるという人も少なくありません。そこで退職後も仕事を続ける人が増えていますが、シニア世代で多くの収入を得るのは難しいものもあります。シニア世代が多く活躍していて、それでいて高収入が期待できる仕事の一つにタクシードライバーがあげられます。タクシードライバーは運転が得意な人や地理に詳しい人にぴったりの仕事で、若い世代だけではなく、50代や60代などの年配の人が多く活躍しています。リタイア後の老後の収入を充実させるためドライバーを目指す人も増えています。

タクシードライバーは何歳ぐらいまで活躍できるのか

シニア世代にも高収入が期待できるタクシー運転手ですが、実際にはどれぐらいの年齢まで働くことができるのかも気になるところです。まず、タクシードライバーとしての年齢制限は特にありませんので、免許があれば何歳でも働ける仕事と言えます。各タクシー会社により雇用している年齢は違いがありますので、まずはそれぞれの会社の条件を確認してみることがおすすめです。65歳以下であれば正社員として採用される可能性がありますし、会社の定めた定年を過ぎても嘱託として採用も可能ですので、かなり長く活躍できる仕事と言えるでしょう。とはいえ、体力も必要な仕事となりますのでそれぞれが無理のない働き方を選ぶことも大事です。

タクシードライバーになる方法を知る

タクシードライバーとして老後も活躍するのであれば、まずはタクシー運転手になる方法を確認しておきましょう。自動車の運転ができればなれるというイメージもありますが、普通免許だけでドライバーとして活躍できるわけではありません。タクシードライバーとして働くためには普通自動車第二種免許が必要です。二種免許を取得するためには一種免許の取得から3年以上が経過している必要があります。二種免許の取得費用も気になるところですが、タクシー会社によっては二種免許の取得費用を負担してくれるところもあります。タクシー運転手の仕事の探し方はハローワークや折り込み広告などで探す方法もありますし、最近はインターネットの求人サイトを活用する人も増えています。

まとめ

定年退職後は収入も大きく減少しますが、老後を豊かに過ごすために仕事を続ける人も少なくありません。シニア世代が高収入を得る仕事としてはタクシードライバーも注目されています。ドライバーとして活躍するのであれば普通自動車免許第二種免許が必要です。

比較ページへのリンク画像