タクシー運転手の退職金の相場とは?

タクシー運転手の退職金の相場とは?

正社員であれば退職金を受け取ることができる制度があります。しかし企業によっても金額に差があります。歩合制になっていることが多いタクシー運転手の場合にはどうなのでしょうか。相場を知っておくとよいかもしれません。

どういう仕組みになっていることが多いのか

記事のイメージ画像

タクシー運転手は所属をしている会社によっても違いますが、固定給プラス歩合制になっていることが多いです。この給与形態の場合、退職金を受け取る際にはどうなってしまうのでしょうか。一般的に固定給の企業での勤務になると、月収から退職金の金額を割り出すことが多いです。しかし歩合制の場合には金額に差が出ます。タクシー会社によっても計算方法は違いますが、積立式になっているところもあります。積立金に応じて金額が決まる、というシステムにしている会社も多く、積立式になると月収ベースではなく、勤続年数ベースで金額を算出することになります。長く勤務をしていればそれだけ多くの退職金を受け取るという仕組みになっているところが多いです。

相場はどれくらいになっているのか

タクシー運転手の退職金の相場はどれくらいでしょうか。エリアによっても違いがあります。ですから一概にいくらぐらいなのか、ということを断言することはできません。一例ですが、名古屋で5年勤務で50万円という場合もあります。すでに入社をする際にどれくらいの金額になるのか、教えてくれるタクシー会社もあります。事前に知ることができれば安心をして勤務をすることができるでしょう。また会社によっても違いますが、中小企業退職金の共済に加入をしているところであれば、そこから支払われるということもあります。会社によってかなりシステムが異なってくるので、勤務をするエリアの相場を事前に調べておくとよいかもしれません。

稀に退職金制度がない会社もあります

一般の企業であれば、勤続年数に応じた退職金を受け取ることができますが、タクシー運転手ともなると受け取ることができない会社もあります。個人タクシーであれば、当然出ませんし、仕事をしたらしただけの収入になるので、そこから預貯金額を増やすしかありません。制度として確立されているほうが珍しいです。それでも将来のためには少しでも受け取ることができればいいと考えているでしょう。入社をする際に制度があるのかどうか確認しておくとよいでしょう。そうすることによって安心をして勤務をすることができますし、長く勤務をしようと考えられるかもしれません。

まとめ

転職でタクシー会社を選んだ場合、退職時にお金を受け取ることができるのかどうか分からない、ということがあります。確認をしてから入社をするということでも遅くはありません。制度がない場合もかなり多くなっています。

比較ページへのリンク画像