タクシー運転手、会社の取り分は一体いくら?

タクシー運転手、会社の取り分は一体いくら?

タクシー運転手は幅広い年代の方が活躍をしています。そんなタクシー運転手に転職をしたいけど年収などが気になるという方もいるのではないでしょうか。やはり年収であったり会社の取り分がどの程度なのか、収入面が気になるところです。ここではそんなタクシー運転手の収入について詳しく紹介しているのでぜひチェックしてみて下さい。

タクシードライバーの平均年収はどのくらいなのか

再就職先としても選ぶ方が多いタクシー運転手ですが、一体どの程度の収入があるのか気になる人も多いのではないでしょうか。お客さんを乗せることで料金が発生しますが、実際に稼いだ金額のどの程度が自分の取り分になるのか気になるという人もいるのではないでしょうか。実際にタクシー運転手として働く場合、平均的な年収は300万円程度と言われています。300万円程度といっても地域差であったり年齢によっても平均が変わってきますが、全体でみるとこの金額が平均となる為、あまり高くないのではないかという印象を受ける人もいるのではないでしょうか。

実際に受け取ることが出来る取り分とは

に取り分として受け取る金額は、実際に稼いだ金額の50%から60%となります。40%から50%は会社の売り上げとなってしまいますが、それでも稼いでいる人はしっかり稼いでいます。先に平均年収が300万円とあげましたが、実際はこれ以上稼いでいる人もたくさんおり、やる気次第でどんどん稼ぐことが出来る仕事といって良いのではないでしょうか。基本的にタクシー運転手は歩合制になっているところが多くあります。売り上げが伸びれば伸びるほど取り分が多くなる為、月給制よりも良い金額をもらっている人も中にはいるのではないでしょうか。どちらが自分に合っているのかは、自分がどの程度稼ぎたいのかによる部分もあります。

働き方次第で収入を伸ばすことが出来る仕事

タクシー運転手として活躍をしている人がたくさんいますが、平均年齢が50代後半と年齢層が高めとなっています。比較的長く働ける仕事であり、また、年齢が上がっても再就職先として選びやすい職種ではないでしょうか。取り分としては50%から%となってしまいますが、考え方次第で実は他の仕事よりも稼ぐことが出来る仕事でもあります。また、仕事を続けることで、タクシー利用者が集まりやすい場所であったり、時間帯であったり把握出来る様になり、自然とその知識が年収アップへとつながってきます。月平均の給料でみても約20万円程度になってはいますが収入面の個人差が大きな仕事でもあり、やり方次第で収入アップにつながる仕事ではないでしょうか。

まとめ

タクシー運転手の平均年収は300万円程度になっていますが、個人差が大きな仕事であり働き方を工夫することで年収アップへとつなげることが出来るでしょう。取り分としては50%から60%程度になりますが、平均年収以上に働いている人も多くいる為ぜひチャレンジしてみましょう。

比較ページへのリンク画像