タクシー運転手の労働時間はどれくらい?

タクシー運転手の労働時間はどれくらい?

タクシー運転手は、会社や立場によって労働時間が変わるということを覚えておきたいところです。これから働きたいと言う人は、自分の生活に不都合が生じないような立場で働ける、そんな理想的な職場を探すことをおすすめします。

まずは条件を確認してから職場を選ぶ

タクシー運転手は、選んだ職場によって労働時間が決まることが多いので、その会社の特徴把握した上で面接にチャレンジしましょう。もちろん、良心的な会社であれば、こちらの都合に合わせてシフトを組んでくれるので、非常にありがたい限りです。面接の時に、しっかり話を聞いて、どのようなシフトになるのかを見極めることをお勧めします。また、求人情報の中身を確認すると、詳しく勤務時間などを知るきっかけにもなるはずです。もちろん、働く時間だけではなく、その他の待遇、条件などもチェックできるので、求人情報の中身は逐一で確認できるようにしておいた方が良いでしょう。

隔日勤務なら勤務日数は減らせる

タクシー運転手は、会社によって隔日勤務になる場合もあるということを覚えておきたいところです。休憩時間がおよそ3時間程度で、最大で21時間ほども働くことになるので、体力的にはなかなかきついといえます。ただ、その代わり隔日勤務なので、 2日に1回のペースで休むことが可能というのは、やはり大きいと言えるでしょう。1ヵ月当たりの勤務日数が、12回前後となるので、あまり働く回数を増やしたくないと言う人は、こちらがお勧めです。ただ、場合によってはほぼ徹夜に近いような状態になるので、リスクがつきまとうような仕事でもあります。そのことを頭の中に入れて、このシフトを選ぶときは体調管理に気をつけましょう。

日勤と夜勤で働くと言う場合もある

また、通常の仕事と同じく、 8時間の労働時間で働ける会社もあるため、あまり体に負担をかけたくない人は、こちらがお勧めです。ただ、日勤と夜勤のシフトが存在するということも覚えておきましょう。これも、ずっと日勤や夜勤で働けるのか、もしくは交代になるのか、その辺が会社の規定によって変わってくるので注意です。一ヶ月あたりの勤務日数が増えても良いので、1日あたりあまり働きたくないと言う人は、こちらがオススメとなります。まずは自己分析をして、自分自身がどんな時間帯で働きたいと感じているのか、決めてからタクシー会社を選ぶようにしましょう。

まとめ

タクシー会社の勤務時間は、会社によって割とバラバラです。まずは最初に規定をチェックして、理想的な時間帯で働ける会社を選ぶことが重要だといえます。選択肢が多い分、慎重に選ぶことを、心がけておきましょう。

比較ページへのリンク画像