タクシー運転手の気になる月収について

タクシン運転手の気になる月収について

記事のイメージ画像

タクシー運転手の月収は基本的に低めに設定されています。ただ、その分歩合制のところが多いと言う事実があるので、覚えておきましょう。頑張れば頑張った分だけ、収入も増えると言うのが、この業界の大きな特徴です。

給料体系を最初に確認しておくべき

会社によって違いますが、基本的にタクシー運転手の世界は、歩合制の会社が多いといえます。ノルマと言うよりは、売り上げの数%を給料に上乗せになるといった形なので、頑張った分形になるという感覚でしょう。歩合制のところのほうが、固定給だけよりはやる気を出して働くことができるはずです。ただ、歩合制ではなく、固定給だけで行っている会社もいくつかあるので、だからこそ最初に料金体系は必ず確認すべきだといえます。自分がまずどのような給料体系を求めているのかということを明確にし、それに沿って職場を探すように心がけると、効率の良い就職活動ができるでしょう。

平均的な収入に関してもチェックを

また、就職活動するなら、どちらにしてもタクシー運転手の平均収入を知るべきです。基本的に、お世辞にも高いとは言えませんが、手当や歩合などがそこに加わるなら悪い金額では無いと言えるでしょう。だからこそ、タクシー運転手になるなら、結局のところ最初の会社選びが全てだといえます。将来的に月収を確実にアップさせることが可能かどうか、きちんと見極めてから選ぶことが肝心です。今まで経験したことがあると言う運転手ならなおのこと、その実力をしっかりとアピールし、それなりの待遇で招き入れてもらうようにしましょう。未経験者でも、研修制度などを設けている会社はあるので、うまく活用させてもらい、勉強することが大事です。

持っていれば有利な資格などは覚えておこう

車両に関しての資格は、持っているだけでもタクシーの業界なら非常に有利です。普通免許だけではなく2種も持っておきたいところでしょう。いろいろな車両を運転できるということをアピールしておけば、良い待遇で招き入れてもらえる可能性も高まります。また、東京都内などで活躍したいなら特に、地理試験は合格しておくのが基本となるはずです。というよりも、東京都内のレベルの高いタクシー会社なら、入った後に地理試験を受けさせられることが多いでしょう。試験そのものはそれなりに難しいですが、突破すれば自信にも結びつきますし、何よりもそれがそのまま結集アップにつながります。地理を理解しておけば、集客率も自然とアップするので勉強して損はない分野です。

まとめ

会社選び、そしてスキルアップと知識などが、タクシー運転手としての月収をアップさせる要因です。うまくいけば、大きくアップさせることも可能なので、よく学び、会社に貢献できるように努力し、常日頃から上を目指せるように努力をしましょう。

比較ページへのリンク画像