タクシードライバーの給料は歩合制なの?

タクシードライバーの給料は歩合制なの?

タクシー会社は、基本的に平均年収が低めに設定されています。ただしその分、歩合制のところが多いので、働くなら歩合率をチェックすべきだと言えるでしょう。固定給だけのところもあるので、職場の特徴を見極めてから働くことが大事です。

最初に確認しておくべき給料体系

記事のイメージ画像

タクシー会社を選ぶなら、 1番先に確認しておきたいのが給料体系です。どのような形で給料を受け取ることができるのか、それが最初から分かっていれば、モチベーションアップにもつながります。歩合制のところもあれば固定給だけのところもあるため、必ず確認してからチャレンジさせてもらいましょう。なお、歩合制のところで働く場合は、歩合率がどれくらいになるのか、そこもチェックしておきたいところです。遠慮せずに、面接の時に採用担当者に聞いておくことをおすすめします。売り上げの何%が給料に加わるようになっているのか、これがわかっているかどうかで、かなり変わってくるでしょう。

平均年収を上回るように努力したいところ

ちなみに、タクシー運転手の平均年収と言うのはそこまで高くなく、大体280万円前後と言われています。また、月収に関しては20万円弱が現実的なところです。ここに歩合制の給料が加わると考えておいた方が良いでしょう。だからこそ、最初に歩合率をチェックしておくことには、非常に大きな意義があるといえます。低めの給料だけで甘んじるのではなく、この業界で成功したいと感じているならなおのこと、極力頑張った分だけ報酬が狙える会社にしておきたいところです。そのためにも、東京などのハイレベルなタクシー会社に目を向けることも、非常に重要なポイントになってくるでしょう。ハイレベルな会社は、それだけスキルや経験、知識を求めてくるので、注意しておきたいところです。

実力を示すためにできる事はたくさんある

ハイレベルな会社を狙うときは、面接の段階で実力を示すことが大事だといえます。即戦力として働けるということをアピールしましょう。地理試験に合格していればそれだけで有利になるという事実を理解しておきたいところです。それと同時に、ある程度の実績があるなら、それも前面に出して、採用担当者にアピールすると採用確率が高くなります。歩合率のそれなりに高いところで働くと言うなら、自分が実力者であると言うことを明確に伝える必要があるでしょう。長く続けるならなおのこと、それなりの待遇のところ選んだ方が、自分のためでもあります。最初の会社選びで全てが決まると言っても過言ではないので、慎重に選びたいところです。

まとめ

タクシー運転手として極力多い月収を受け取りたいなら、会社選びが重要なポイントになります。歩合制の会社を極力選んで、歩合率も高いかどうか確かめておきましょう。良いところを見せるために、極力地理試験を突破し、実力を示したいところです。

比較ページへのリンク画像