地方によっても違う?タクシー運転手の最低賃金とは?

地方によっても違う?タクシー運転手の最低賃金とは?

タクシー運転手の最低賃金は地域差があるのでしょうか。厚生労働省が決めている地域別の最低賃金を下回らないように設定はされているので、転職をした場合に収入はどうなっているのか確認をしておくとよいでしょう。

賃金には地域差があるのは何故なのか

タクシー運転手に限らず、どんな仕事でも最低賃金が決められています。全国統一されているものではなく地域差があります。これは物価なども影響しています。都心部であれば物価は高いですし、賃貸物件を利用しているのであれば家賃も高いです。ですから最低限の生活ができるレベルというのも地域差が出て当然です。タクシー運転手の最低賃金は各都道府県の金額を下回らないように設定されています。転職をして収入を得た時に時給に換算をして計算をしてみるとよいでしょう。下回っていた際には労働基準監督署に通報しなければいけません。

固定給プラス歩合制になっている場合

記事のイメージ画像

タクシー運転手の仕事は会社に所属をしているドライバーの場合、固定給プラス歩合制になっていることが多いです。最低賃金を下回っていないのかどうかという点は固定給のみで考えてみるとよいでしょう。歩合制になっている部分は仕事をしたらしただけのお金が入ってくるということになっているので、その部分が仕事のやりがいにもつながってきます。転職をしてタクシードライバーとして頑張っていきたいということであれば、入社をする前にまず給与に関する事項の確認は行っておくとよいでしょう。最低賃金を下回ることはほぼありませんが、もしかしたら歩合の部分も入れて下回らないように設定をしていることもあるかもしれません。

どこに掲載されているのかも知っておく

各都道府県の最低賃金に関しては厚生労働省のウェブサイトにも掲載されていますし、ウェブサイトで検索をしてみるとヒットするので、就業をしている都道府県に関する情報もチェックすることができます。大丈夫だろう、ということであまり気にしていない人もいるようですが、知っておいたほうが安心できます。これはどんな仕事にも該当をする賃金なので下回っていないのかどうか、確認をしておくとよいでしょう。また地域によってどれくらいの差があるのか、ということも調べておくとよいでしょう。そうすることで転職をする際のエリアを決める時の参考にもなります。

まとめ

タクシードライバーの給与は固定給プラス歩合制になっているところも多いです。中には完全歩合制になっているところもあり、そうなると収入がかなり低くなってしまうこともあります。打倒な賃金を知っておくとよいでしょう。

比較ページへのリンク画像