夜は危険?タクシー運転手の実体験とは

夜は危険?タクシー運転手の実体験とは

タクシー運転として夜働くということは、酔っぱらいに気を付けることが大切です。夜のお客さんの場合、酔っぱらってしまっている可能性が高いため、働くタクシー運転手とのトラブルが起きてしまう可能性が高くなってしまいます。

タクシーの運転手として気をつける時間帯

タクシー運転手が夜の時間帯に働くということは、酔っぱらったお客さんにあたる可能性が高くなってしまいます。タクシーに乗るということは、車を運転できない状況にあることが多く、夜の時間帯は、お酒を飲んでいるケースが多くなります。お酒によっているお客さんの場合、酔っぱらって運転手とトラブルが起きてしまうことが多くなります。酔っぱらってしまっている場合、意思疏通ができなくなってしまうことも多く、最悪の場合、喧嘩になってしまうこともあります。タクシー運転手にとって、酔っぱらってしまっている場合にも、お客さんには代わりはないため、仕事としては酔っぱらってしまっているお客さんとのやり取りは大変な状況が多くなってしまいます。

タクシー運転手によくあるトラブルとは

タクシー運転手として働いているとよく起きてしまうのが無賃乗車ですお金を持っていないままタクシーに乗ってしまったり、財布を落としてしまったという理由などがあります。また、夜の時間帯だと酔っぱらってしまい記憶をなくしままお金の支払いを忘れてしまうお客さんなどがいます。無賃乗車をしてしまうお客さんとのやり取りは、後日支払ってもらうというケースや、最悪の場合逃げてしまうお客さんもいます。タクシー運転手として働くということは、一部の会社では、歩合制をとっていることもあります。売り上げによって給料が決まってしまうこともあるため、しっかりとお客さんにお金を支払ってもらうことが重要となってきます。タクシーに乗ってきたお客さんからは、しっかりと乗ったぶんのお金を支払ってもらえるかが鍵となります。

トラブルが起きてしまった運転手の体験談

記事のイメージ画像

実際にタクシー運転手と働いたことがある経験者のなかには、お客さんと喧嘩になってしまいタクシーの設備を壊されたという方もいます。タクシーの内部にて、シートや設備を壊されてしまったり、車を蹴られてしまったというケースも少なくありません。タクシーの中でも喧嘩の場合密室という恐怖があります車内でトラブルが起きてしまった場合、誰かに助けを求めることが厳しくなってしまいます。酔っぱらいとの喧嘩やトラブルだけではなく、時には泥棒や恐喝にあってしまうケースもあるといわれています。タクシー運転手として働く場合、もしもの時を考え、どのようにトラブルを解決するのかを決めておくことが大切です。

まとめ

タクシー運転手として働く場合には、トラブルもすくなくありません。トラブルが起きてしまう理由には、たくさんのお客さんを対応しなければならないという理由があります。トラブルが起きてしまうケースも少なくありませんが、きちんと仕事をこなすことで、高収入も夢ではありません。タクシー運転手として働く場合には、トラブル回避の策をねることが大切です。

比較ページへのリンク画像