タクシー運転手にノルマはあるの?

タクシー運転手にノルマはあるの?

タクシー運転手の場合、会社によってノルマが課せられる場合もあるので、覚えておきたいところです。あまりそういった制約のないところを選ぶことが大事ですが、どちらにせよ歩合制のところが多いので覚えておきましょう。

やる気を出して働くためにも重要な要素

タクシー業界でタクシー運転手として働くなら、場合によってはノルマが課せられることもあるというのを覚えておきたいところです。やる気を出して働くためにも、とても重要となってくるので、マイナスのイメージで捉えないようにしましょう。そもそも、タクシー業界と言うのは歩合制で成り立っている部分が大きいといえます。タクシー運転手は、自分で貢献した売り上げの数%を、給料で受け取れることが多いです。だからこそ、気合を入れて働くきっかけになるでしょう。固定給が少ない会社で働くならなおのこと、極力多くの仕事をして、売り上げに貢献する努力をしておきたいところです。そうすれば、平均年収を大きく上回ることになります。

平均年収はそこまで高い業界ではない

タクシー運転手は非常にやりがいがあり、とても楽しい仕事です。ただ、お世辞にも平均年収が高い業界とは言えないため、だからこそ料金体系にこだわり工夫して会社を選ぶ必要があります。概ね、平均年収が300万円未満位と言うデータが出ているので、これを目安に職場を探すようにしておきたいところです。ただ、ここに特別な手当がついたり、結果を出した分の歩合が乗ったりするので、そのことをまずは理解しておきましょう。やはり、どこまでいってもこの業界は努力次第で上に行くことができる業界といえます。もちろん、固定給が充実していて、逆に歩合のない会社などもあるので、ノルマが嫌ならそちらに目を向けてみるのも悪くない判断です。

必要な知識を蓄えてからチャレンジする

記事のイメージ画像

また、ノルマとは別に知識を要求してくる会社も多いという事は覚えておきたいところです。特に東京都内で活躍したいと感じているタクシー運転手にとっては、地理試験は合格しておいた方が良いと言えるでしょう。合格率がそこまで高くないイメージがありますが、それでも、ほとんどの東京のタクシー運転手は合格しています。ハイレベルなところについていくなら、必要な資源と言うものを突破して、自分の実力をアピールしておきたいところです。言うまでもなく、試験を突破したハイレベルな運転手ばかり雇っているところは、条件も良い傾向にあるでしょう。極力良い年収を狙うなら、やはり突破しておくべき資格の1つです。

まとめ

タクシー運転手の世界では、場合によってはノルマがあるものの、ノルマがやる気のきっかけになるので、悪い話ではないです。そこに特別な手当なども加わると、さらなる年収アップも、期待できるようになるでしょう。

比較ページへのリンク画像