タクシー運転手は年収はいくら?

タクシー運転手は年収はいくら?

タクシー運転手に転職をすると言うのであれば、年収をチェックすることが大切です。働く会社によって大きく年収が変わるので、基準を調べておくことが重要となります。給料の価格相場を知っておくと、冷静に判断しながら転職できるようになるでしょう。

実際のところそこまで高額なわけではない

タクシー運転手として働きたいと言う希望があるなら、人によっては転職する必要があるでしょう。ここで気をつけておきたいのが、年収の高さです。タクシードライバーの年収はお世辞にも高くないので、そこはしっかりと確認した上で動くことをお勧めします。給料に関しても、もちろん選んだ会社によって大きく異なるため、それぞれの会社を比較してから決めることが非常に大切です。求人情報自体を調べる事は簡単なので、たくさんの求人情報をピックアップしてから比較しましょう。中身を確認し、こちらが納得できるだけの収入を得られるかどうか、見極めてから面接に向かうのが妥当です。この手順を守れば、理想的な収入を得られる会社が見つかります。

歩合制のところを選ぶのが理想的

基本年収が低いと感じたら、歩合制の会社を選ぶのが吉です。そうすることで、基本給に+ αで、結果を出した分の金額が上乗せされることになります。売り上げから何%か加算され、給料が増えることになるので、歩合の方がやる気を出して働けるようになるでしょう。歩合制を導入しているからこそ、基本給を安く設定しているようなタクシー会社もあります。逆に、そこまで歩合制を設けているわけでは無いものの、基本給が高額なところもあるので、自分の好みを選ぶことが大切です。どちらかと言えば、やればやるだけお金が入る歩合制の方が、気合を入れて働くきっかけにはなるでしょう。

会社によっては手当がついてくる

また、タクシー運転手として働く場合、会社によって特定の手当てがつくということも覚えておきたいところです。特別車両の運転免許があったり、地理試験合格者等であれば、それだけで給料アップしてくれる会社も存在します。給料アップの条件も、事前に確認すべきだと言えるでしょう。どうすれば給料がアップするのかが最初から分かっていれば、それに向かって明確な努力ができるので、さらにモチベーションが高まります。タクシー会社で結果を出したいなら、仕事や資格の勉強など自ら努力しなければいけない部分がいろいろあるので、注意が必要です。人を運ぶ責任重要な仕事と言うことを強く自覚し、それでも本当にやってみたいと感じる場合は、チャレンジしてみると良いでしょう。

まとめ

固定給だけでも働けるタクシー運転手ですが、年収をアップさせたいなら、固定給+歩合制の方がやる気を出せるといえます。自分の努力次第で、年収アップを見込めるので、モチベーションを維持しながら働き続けられるようになるでしょう。

比較ページへのリンク画像