タクシー運転手は昇給するには何年経験が必要?

タクシー運転手は昇給するには何年経験が必要?

乗客の希望をする目的地までスムーズに送り届けたり、送迎も行うタクシーは、交通の手段の足としてとても大切な役割になります。そんなタクシー運転手は昇給するまで、一体どれくらい必要かは気になりますが、努力が報われるのもドライバーの魅力です。

基本給にプラス歩合制だったら昇給することも

タクシー運転手は昇給するには何年経験が必要かですが、会社の給与体系にも関わることです。定められた基本給がベースにあったうえでの歩合制の給与スタイルだったら可能性が残っていますが、勤務する会社が完全な歩合制の場合はあまり期待はできません。年収が上がればうれしいですがそれは基本給の支払いがあってこそ、歩合制は本人次第で年収アップが可能です。一般企業勤務のサラリーマンと同じ感覚だと、タクシーをやっていることで収入が上がらないような印象をもつかもしれません。しかしサラリーマンはセールスでもない限り固定給なので、がんばってもさほど収入にはつながらないものの、タクシードライバーは違います。

年収が上がるのを待つよりも自分から行動を

タクシー運転手として活躍をしての昇給であれば、かなり年数をかけて数万円ほどが目安です。普通のオフィスワークだったらやる気がそがれるようなイメージですが、タクシーはオフィスワークとは働き方も違えば、給与スタイルも違います。基本給が上がるのを指をくわえて待っている必要がないのは、それよりも自分が頑張ることで歩合制という特徴を活かして、いくらでも月収や年収を高くすることは夢ではないためです。タクシーの世界は稼げないとか、薄級というのはイメージの話であり、自分で切り開く努力が年収を上げます。勤務をするタクシー会社が大手かどうかでも年収は変わりますが、歩合制というのは稼げる強みです。

全てが自己管理だからこそ稼げる要素も多い

タクシー運転手も可能性を持つ昇給ですが、さほど大きな期待はできないものの、年数は関係なしで年収アップは可能です。給与体系はタクシー会社ごとに異なるので、完全歩合制でバリバリ稼げる会社もあれば、基本給があったうえでの歩合制もあります。タクシー業界は基本的にはやった分だけの稼ぎ、つまり歩合制というスタイルなので、一般企業にあるような年2回のボーナスはないケースが多いです。ボーナスがあったらラッキーという感覚ですが、それよりもせっかくのタクシー業界への参戦なのですから、個人プレーで稼ぐのが賢いといえます。

まとめ

タクシー運転手だって期待をしてしまう昇給ですが、年数が経過してもさほど期待はできません。ドライバーは年収が上がるのを待つよりも、給与が歩合制なのですから自分で行動を起こして、バリバリと月収を稼ぐ方が建設的です。

比較ページへのリンク画像